About.

​"みんな違う" をデザインする

当社は、経営・マーケティングの側面からビジネス全体をデザインする会社です。

「デザイン」の概念は多岐に渡ります。例えばウェブサイトのUI/UXやプレゼンテーションの見た目などはわかりやすい「デザイン」のひとつでしょう。一見簡単なようですが、これらのデザインも、その企業の文化や大切にしているものを反映してこそ、その企業の強みや "らしさ" を表現できるものだと思います。

企業のビジョンや文化を明確にし、そのビジョンや文化に紐づき、どのような商品・サービスを開発し、それをどのように伝え、その伝える速度を最大化する組織をどう設計し、どのような人を採用し、どのような働き方を推奨するか... こうした一気通貫したビジネス全体をデザインしてこそ、成長し、長く続く会社となると考えます。

当社の社名「カラフル」は、私が好きな言葉「みんな違ってみんないい」に由来しています。100人いれば100人のバックグラウンドや思いがあります。人は財産であり、それぞれの価値観を組織の中で丁寧にデザインすることで強い企業が生まれます。そしてそれを最大化するための企業としての骨組みの整備やマーケティング施策を共に考える立場に当社が存在することができればと思います。

ayaoza_2_1000.jpg

Aya Ozasa

合同会社カラフル 代表

1999年株式会社リクルート入社。マーケティング推進部およびブライダルディビジョン首都圏ブライダル部(ゼクシィ)における営業職を経て、2006年にグーグル株式会社(現グーグル合同会社)へ転職。グーグルでは広告プロダクトのセールスマーケティング、コミュニケーションプランニングを担当し、セールスマテリアルのリリース、イベントやセミナーの推進、新サービスや機能の日本市場浸透にあたっての施策を企画・実行。

2009年にグーグルを退社後独立期間を経て、2011年にイベントレジスト株式会社の創業メンバーに加わり、取締役最高業務執行責任者(COO)として営業およびマーケティング部門、経営管理部門(財務会計、人事労務、法務、総務)を立ち上げ管掌。2019年に日本経済新聞社へ株式譲渡後、2020年に退任し、合同会社カラフル創業。現職まで、会社員時代も含め、3社の事業会社で代表または取締役として創業および事業経営に携わる。